藤村正宏「新版 安売りするな価値を売れ」感想 エクスマ思考で価値を見出せ

SNSを使ったマーケティングで圧倒的な支持を持つマーケティングコンサルタント藤村正宏さんの新刊「安売りするな価値を売れ」が発売となりました。

早速買って読んだので感想レビューをどうぞ。

これからの時代のSNSでお客さんと繋がって売り上げを伸ばしたいなら、どんな業種でも必見の内容です。

スポンサーリンク

著者:藤村正宏さんとは

「モノ」ではなく「体験」を売る視点のエクスペリエンス・マーケティング(通称:エクスマ)を主催するマーケティングコンサルタント。

誰もが知っている大企業から中小企業まで大小様々な企業のコンサルタント業をこなし、業績をあげている。

塾生も全国各地に居て、様々な分野で活躍中。

感想 評価8/10

実はこの本2011年に発売された「安売りするな価値を売れ」の改訂版。

私も前の本で出会ったので良く覚えているのですが、5年も経てば世の中は激変して居ます。

スマホのインフラによるSNSの日常化。ネット配信によるマスメディアの失速。

時間はどんどんスマホに奪われていき、会った事のない人達が気軽に繋がれる時代

そんな世の中になったから10年前の当たり前なんてもう大昔。

5年前でさえも情報が古くなってしまってるんです。

そんな激変の時代に合わせる為にこの本はなんと8割の内容が書き直されたそうです

改訂版と言うよりも新刊のつもりで読みました。

著者のブログにもありましたが、SNSの力は物凄くて、この本の告知をツイッター、FB、ブログで行っただけでAmazonの予約で三冠達成したそうです

告知をしただけで本が重版になる位、普段からSNSを使いこなせばこなす程、商売が楽になる事が書かれてるんですね

他の本も全部チェックしてますし、ブログも毎日読んでるので特別に新鮮なネタは少なかったですが、面白かったのをピックアップ。

・入社した途端に問い合わせが800件以上来た新卒美容師

20歳の新卒生を採用した美容室。

その子はなんとツイッターのフォロワーが6万人。You Tubeのチャンネル登録者数が36,000人居たそうで、入社した途端に問い合わせがなんと800件以上。

広告もDMも無しに凄いCM効果となっていますね。

個人の時代になってるからこそ、SNSを使いこなしてる若者は強いです。

「今時の若者は仕事中もスマホばかり気にして・・・」なんて言ってるおじ様達は、そろそろ「今時のおっさんはSNSも使えねーのか」って言われますよ。

売って下さいと言われる存在になる

これは凄い親近感のある話だったのですが、90年代にインディーズで活躍し100万枚も売り上げた伝説のパンクバンド「HI-STANDARD」が去年新作を突如としてリリースしました。

事前告知無し。CDショップに来たらハイスタの新作が並んでると言う状況です。

瞬く間にSNSで拡散されて、CDは売り切れ続出。

普通なら「CD出しますよ。○月○日」って告知して、PV流してって買って下さいってのが普通なんですが、ファンに「売って下さい。」「CD出してくれてありがとう」という存在になるって凄い事ですよね。

存在自体が価値になるし、何かあるたびに世間を騒がせられる存在になると勝ちですよね。

圧倒的になる強さ

人よりも努力し続ける事で、その分野で圧倒的な力を持つ。

それがたとえアマチュアであっても、SNSを普段から使いこなして、ファンを作っていればそれで食っているプロよりも凄い存在になれる。

つまり好きな事を発信し続けていれば、見てくれる人=ファンが増えて、それによりその人の存在がいつの間にか知る人ぞ知る存在になってるんですよね。

SNSを使いこなす事で見えてくるこの時代の生き方の事例はとても参考になります。

特に一番有名なSNS使いの短パン社長なんて、「芸能人より芸能人」と自他共に認める有名人になってます。

1回のツイートで1000万近い売り上げを作ったり、テレビ放送前にテレビで紹介するカレーを2000食完売させたりと、もはや「メディア要らないよね」って位のパワーを持ってます。

これを読めばすぐに何かが変わるって事はないけ、継続する事で確実に自分の商売がうまく行くのは間違いないです。

5年前から欠かさず仕事に取り入れてずっとブログもSNSも続けていますが、かなり楽な人間関係が築けたり、商品の紹介が要らなくなったり、とにかく楽しく仕事が出来ています。

ぜひ参考にしてみて下さい。

Amazonのレビューもチェック

漫画版も出ています。

こちらも合わせておすすめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク